那古野日記

桜子サン、今日も素敵です。(T-T)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そして世界へ

アメリカ人は漢字が好き!?

あるfastfood店での事。
ここニューヨークに住んでいる先輩と待ち合わせていて、スポーツ雑誌を読みながら待っていた。隣には二の腕に『中』という漢字の刺青をした男が座っていて、その漢字を見た俺はその男と目が合ってしまった。その男は自分の二の腕を自慢気に指さしながらこっちに微笑みかけてくる。漢字の刺青・・・テレビで見たことあるものである。その形状に惚れアメリカ人が好んで使用するらしい漢字。ただその意味を理解して使っている人は少ないらしく、この男の『中』という字も意味を知ってる日本人ならまずセレクトしないような文字である。なんで、微笑みかけられたはいいがリアクションに・・・困った(笑)。「That's nice」と返し(英語の使い方合ってる?w)、愛想笑いを交ぜて流す。

アメリカ人は漢字が好きというのは本当だったようだ。色んな媒体を通して耳にはしていたものの、こうして実際に目にすると何だかとても新鮮。おぉ・・・って感じです。手にしていたスポーツ雑誌には、『サムライ・カガワシンジ、マンU入団』と書かれている。アメリカはサッカーには興味の薄い国なので記事自体は小さいものの、この『サムライ』という表現もまた、漢字同様アメリカ人は好んで使っているようだ。他にもニンジャやら精神道でもある武士道までもがアメリカ人にとっては魅力あるものに見えるらしい。

アメリカ人の日本文化に対する関心は、日本人以上のものを感じます。(当の日本人は韓流モノに夢中wしっかりしろや日本人!)


なぜアメリカ人は日本文化への関心が高いのか

少し分析してみた。(※あくまで私見)

文化の成り立ちを考える上で欠かせない要素の一つにその国の歴史が挙げられる。そこで世界の歴史からの観点でこのテーマを追及してみる。

世界の歴史は、一言でいうと侵略と滅亡の繰り返しであった。列強による植民地支配や列強同士の争い、はたまた国内における民族紛争などなど。そのたびに、国はリセットされの繰り返しであったと思う。そんな中で、日本は外的侵略を受けなかった数少ない国のうちの一つであり、欧米の列強国を除いたらその唯一の国だったかもしれない。外的侵略を受けないということは、独立した文化を形成しやすい。島国という特異な環境も手助けし、いわばユートピアのような空間で和の精神や武士道といった独特な精神文化をゆっくりと長い時間を経て育むことができた。隣国の中国は、4千年の歴史とはよく言われるものの、そこには多くの民族が存在し、その中で幾度となく主権交代がなされている。そのため、途切れることのない連続性のある精神文化形成という観点から見ると日本よりはるかに劣る。中国だけでなく大抵の国はそのような経緯で今日に至るので日本が珍しいだけなのかもしれない。そのような恵まれた環境の中で育まれた文化を持つ集団は、民族レベルでは多く実在するだろうが国レベルにおいて可能にしてきたのは日本だけだろう。

アメリカを見た場合、そもそも歴史そのものが無い。せいぜい独立宣言してからの二百年とちょっとといったところか。文化もクソもないのだ。千年、二千年と長い間培ってきた日本文化はそれだけでも彼らにとっては魅力的に映るのだろうと思う。アメリカは世界一の超大国ではあるが世界一歴史の浅い国でもある。それがゆえに、悠久の歴史を持つ日本文化への興味(アメリカ人の性質上、羨望とまではいかない)が強いと考えられる。このような背景が彼らを日本文化への関心へと駆り出すのではないだろうか。

『自由の国』を掲げるそのスタイルは、歴史を持たない彼らの渇望と悲痛の叫びの表れなのかもしれない。


ふと顔を上げると、先ほどまでいた『中』の字の男は居なくなっていた。かわりに超ナイスバディなお姉さんが!
ヒュー!!さすがは超大国!最高ぉぉ!!(※超大国とか全く関係ない)
これまた目が合っちゃったんで適度に愛想を振り撒く。


日本サッカー界の寵児・香川真司から目が離せない!

さて、ここまでは余談。(※話題かわりすぎだが、むしろこっからが本題)
雑誌の記事にもなっていた香川真司。そうです、今最もノリノリな日本人のうちの一人。今季、ドイツからイングランドに移籍し、新たな地で再スタートとなる香川。世界屈指の強豪クラブである移籍先のマンUで活躍できればあのヒデをも超える(もう越えてるかもしれませんが)。何にしても、あのマンUのスタメンに日本人が名を連ねるという、もうこれだけで俺的には満足・・・感動モノなんだ・・・。と、勝手に熱くなっているわけですが、

そもそも香川って誰やねんっていうそこの愚かな君のために用意した!!
これみて勉強してくれ。そしてともに語り合おう(笑)

ドイツリーグ1年目の香川

ドイツリーグ2年目の香川

日本代表戦などでの香川

今年の香川はボルシア・ドルトムントのブンデスリーガ連覇(ドイツリーグ)に大きく貢献。自らも点を取りまくり、世界のMF部門においてあのアルゼンチン代表FWメッシらと肩を並べて欧州年間ベストイレブンも獲得。その活躍と才能を買われ、超ビッグクラブであるマンチェスター・ユナイテッド(イングランド・プレミアリーグ)にスカウトされたわけだ!

入団会見速報日本メディアへの記者会見正式契約直後の会見

今後が凄く楽しみです。マンUでスタメンとれるかどうかはまだ分からないけど頑張って!


世界最高の選手へ

世界のサッカー界には多くのスター選手がいる。C・ロナウドや2年連続でFIFAバロンドール(年間世界最優秀選手賞)を獲得中のリオネル・メッシなど。とくにメッシの凄さは半端ではなくマラドーナ2世とも言われている。メッシについて語りだすと止まらないため(笑)、ご存知ない方はこの動画で彼がいかに普通では無く異次元な選手であるかということを実感してもらうこととしよう。

リオネル・メッシ ゴール集:Vol.1Vol.2Vol.3

マンUに入団するということはこうしたスーパースターたちと同じ土俵に立ったということであり、まさに香川の世界最高峰への挑戦が今始まったのだ。さて、サッカーに興味のない人もここまで読んでしまったが何かの縁、これを機に俺とともに彼を応援するしかなくなりました(笑)

ここ超大国アメリカでも彼の飛躍は世界へ駆け上がる日本の寵児として取り上げられている。私達日本人はサムライ・カガワの活躍に大いなる期待をしている。

頑張れカガワ!

スポンサーサイト

| サッカー | 00:41 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

影さん、まさかサッカー「カルチョ」好きだったとは^^
オイラもサッカー「カルチョ」好きです、また、今度熱く語り合いましょうね^^

| 尾張の術忍 | 2012/07/26 19:47 | URL |

サッカーて何人でやるスポーツですか?

| ちづる | 2012/07/27 10:38 | URL |

影サンはニューヨークに行ってるの?
海外スゴイな~ヽ(^o^)丿

鉄砲に気を付けてね!滅却維持でもすぐ割られるけど…。

| 佐々木家 | 2012/07/27 11:52 | URL |

>とびーっぽい人
五輪でスペイン撃破しちゃったねー!語り合いたいことたくさんあるなーw

>素人さん
動画でサッカーの奥深さを学びたまえ。

>ささきーな
うたれたよ・・・。パッキン美女にハートをね!

| 影村 | 2012/07/27 21:41 | URL |

五輪アツいねー!!!!
てか影さんサッカー好きだったんだねΣ(゚д゚lll)

| 友美 | 2012/07/27 22:06 | URL |

喋りだしたら止まらないよw

| 影村 | 2012/07/27 22:17 | URL |

センセーイニホンジンダケドナンノコトカサッパリワカリマセーン‼

| ginko | 2012/07/27 23:03 | URL |

さては韓流に飲まれてる口だな!

| 影村 | 2012/07/27 23:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://johnplayer777.blog.fc2.com/tb.php/81-42ffe478

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。