那古野日記

桜子サン、今日も素敵です。(T-T)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まことの副将 内藤昌豊

内藤昌豊といえば!?
ええ。泣く子も黙る甲州軍学・山。武田家四天王のうちの一人の内藤先生は全国四天王の中でも1、2位を争う凶悪な四天王でございます。

内藤と初めて対峙したのは去年の暮れか今年の正月くらいか、国勢の変化に伴い初めて武田四天王と相対することになって実現されました。以前にも記事に書いたような気がしたので掘り起こすと、やはりありましたw
全体眼光(2012/01/07記事)脅威!内藤昌豊(2012/01/10記事)
強いと言われている武田四天王の中でもこの内藤サンだけはさらに別格。何度やられてるか分かりませんwなんでこの第二陣長篠実装と聞いてまず思ったのが「内藤とやりてえええw」です。先日勝頼やったものの、徒党の雰囲気を優先したのであって個人的には内藤とやりたかったんです。依頼欄を見ると、

【まことの副将 内藤昌豊】

おぉ・・・。どんな武将なのか軽く調べてみると(ウィキより引用

『昌豊は信玄の代表的な戦争に全て参加し、常に武功を立てていたが、信玄からは一度として感状をもらうことが無かった。このことについて「甲陽軍鑑」で信玄は、「修理亮ほどの弓取りともなれば、常人を抜く働きがあってしかるべし」と評して敢えて一通の感状も出さなかったという。一方の昌豊も、「合戦は大将の軍配に従ってこそ勝利を得るもので、いたずらに個人の手柄にこだわることなど小さなことよ」と感状を貰っていないことなど気にもかけなかったという。これは信玄と昌豊の信頼関係の厚さを示すものである。』

ほぉ・・・。まことの副将ですな。まじでやりたいです。
てことで暗殺の勝頼もあっさり終わったので、すぐに内藤と対峙しに!SSも当然撮るつもりだったのだが、あまりの興奮状態で取り忘れww

敵構成:薬侍陰僧侍

味方構成:刀軍古医密芸暗

1戦目安定してたのだがいきなり1が暴れだして折れ。釣りわけが肝になりそうだったので軍で13cしてそこにグンダリ、刀で残りを。孔雀は使用せず。とりあえず1が永続周天から繰り出す術が痛く、5000↑ダメの難治撃も痛い(軍の結界で受けると半減の2500程度だったか)。125は生命10万以上でかなりだるいですが、慎重な釣りわけと1s粘着さえあればまぁ勝てなくはないです。2戦目で終始安定して撃破。山は使って来なかったんで少し残念;-;雰囲気的には桶の酒井を強くした感じ。

して、まことの副将撃破の報酬は!!!?

・・・・ダメでしたw

クソ神秘orz
邪心の劣化神秘ですな。おまけに指輪もナシ。上限65-20です、70ないのは痛い。

まー内藤先生と戦えたんで俺は満足です!

スポンサーサイト

| 長篠 | 16:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://johnplayer777.blog.fc2.com/tb.php/77-3ec932c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。