那古野日記

桜子サン、今日も素敵です。(T-T)

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

足利家逆襲

先週の見事な武田軍撃退から
足利家に勢いが戻ってきました。

さらに、宇治奪還に燃える足利家。
少し以前までは国内事情において少し不安があっただけに、
この士気の高さを無にさせないためにも
周囲でもサポートする必要があります。



今週の当家は、
その宇治奪還を確実なものにするための武田分断
足利家→浅井家(宇治)
織田家→武田家(若神子)

現在、両戦場ともこちら陣営が優勢。
足利家は予想通りの好調ぶりで
武田家に押し込まれていた時のそれとはもはや別人のよう。

一方で、
敵方陣営盟主武田家の勢いの無さは目立つ。
連戦による疲労もあるのだろうが参戦数が異常に低い。
武田家にはもう鳳凰開始当初の勢いはないと思われる。
武田家国内で一体何が起きているのだろうか。




スポンサーサイト

| 国勢総論 | 09:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

武田家、一番槍!

さー始まりましたよ皆さん

ついに!

合戦が!!

ワクワクしますね~、胸踊りますね~



ええ、みなさん知っての通り


 武田(単体)⇒北条(援軍:徳川・三好


まずは鳳凰一発目の合戦、
その一番槍はやはり武田家であります。
強大な戦力を持つと各国から予想分析され、
鳳凰でもっとも注目すべき国家である武田家。
誰もが納得の一番槍ですな。

武田家も自信の表れでもあるのか
物資が溜まるのを待つことも出来たであろうに

単騎で3国相手に侵攻開始!

かっこええじゃねーーか!
と、思ってしまった俺。

ただ士気の高さで言うとどうだろう
北条側のが高いんじゃないかな
参戦できないのが心苦しい
当家は傍観してモクモクとpt狩りするしか…

メンテ前の陣営会議では、
武田⇒北条が判明した際のテンション最高潮っぷりは半端ではなかったので
北条側もかなりいい戦いをするんじゃないかな

そしてサバ合同による初めての合戦
人数増加に合わせて武将ポップ時間の短縮やら
様々な仕様の変更も加えられてる模様。
決戦も仕様変更くるとすれば、
単純に人数の多い少ないだけでなく
この変化に早く対応できた国こそが
今後の合戦に有利に立てると思います。

ので(’’

当織田家も、
まずはサバ間合戦手法の相違をいち早くまとめて整備化し、
仕様の変化にも柔軟に対応していく姿勢が必要不可欠です。
当然です(’’


武田勢、北条勢のみなさん
鳳凰一発目注目の合戦、盛大に暴れまわってください


織田家の皆様はは引き続きpt狩りでよろしくお願いします

拠点して物資貯めもよろしくねw
(拠点しないお前が言うな!とのツッコミは……ナシ。)



| 国勢総論 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わかりやすい紺碧戦国史

天下決戦が明け、
無事、太平の世???が訪れたので
ここまで紺碧人が奮闘してきた国勢はどんなものだったのかと思い
少し振り返ってみることにしましょう。

紺碧サーバー開始して間もなく半年以上休止していたので
初期の国勢詳細は曖昧な点も多く
また、主観もかなり入っていると思われますが
紺碧2年の国勢の流れは大体こんな感じだったのかな、と
国勢素人な方でも分かるようにまとめてみました。

国勢に肥えてる方!
間違ってる点があったとしても愛嬌で見逃してねっ!






<<ザ・これが紺碧戦国時代だ!>>

2010年4月
紺碧サーバー誕生。
元群雄と元嵐世の間で激しく権力争いが繰り広げられる。
内紛が発生した国もあるようだが、
一段落すると以下の通りの対立構図が出来上がる。

足利家 斉藤家 徳川家  ⇔  上杉家 武田家 織田家 今川家 浅井家
  雑賀衆 三好家         伊賀忍 朝倉家 北条家 本願寺家

5ヶ国vs9ヶ国
数的優位に立つ9ヶ国側ではあったが、5ヶ国側の善戦により
しばらくの期間一進一退の状態が続く。
天下人ランク1位はしばらくの間上杉家。

2010年後半
数的劣勢に置かれていた5ヶ国陣営の雑賀衆、三好家が
徐々に押し込まれ始める。

2011年1月~3月
5ヶ国陣営足利家の奮闘により雑賀衆、三好家は少しずつ息を吹き返す。
足利家はこの期間に着々と力をつけ天下人ランク2位にまで上昇。
1位は上杉家が維持。

2011年4月
織田家・武田家が三好家に猛攻を開始し、織田家の手により三好家滅亡。
この時点で織田家、天下人ランク1位まで上昇。2位上杉家。
徐々に9側陣営の圧勝ムードになっていく。

2011年6月
9側圧勝ムードも束の間、
ここまで比較的平穏であった紺碧外交に激変が起こり始める。
9側陣営が内部分裂を起こし、まず本願寺家が陣営を脱退。
さらに上杉家が浅井家、伊賀忍、朝倉家、北条家を引き連れ脱退し、
本願寺家を引き入れて6ヶ国となっていた足利陣営と無期限停戦協定。
3国vs11国という構図になり武田家、織田家、今川家は窮地に陥る。

足利家、斉藤家、徳川家
雑賀衆、三好家、本願寺家  ⇒  武田家、織田家、今川家
     ∥
上杉家、浅井家、伊賀忍
  朝倉家、北条家

3国のみとなってしまった武田陣営は、足利陣営&上杉陣営から集中攻撃を受け、
とくに足利家の織田領侵攻と徳川家の今川領侵攻は苛烈を極め、
織田今川両家は次々と領土を切り取られていく。それに伴い三好家復興。
戦意を失った織田家は足利陣営に白旗降伏。今川家は徳川家の手により滅亡。
最終的に残った武田家vs11ヶ国という異常な国勢状態に陥る。
これにより武田家は完全に息の根を止められる。
この時点で天下人ランク不動の1位は足利家、
2位は武田領を大量に切り取った斉藤家。

2011年11月
足利家、斉藤家、徳川家が着々と領土を広げていく中
なかなか勢いに乗れない上杉家は、
白旗降伏によりスイス国家となっていた織田家を取り込もうと動く。
これが、「停戦協定の規約に反する」と足利陣営の逆鱗に触れ、
上杉陣営に停戦協定破棄通告を突きつけるとともに、
足利陣営も織田家を取り込もうと動き出す。
織田家内部でも大分揉めたが、足利陣営側につくことを選択し、
これに焦った上杉陣営は急遽武田家と和解&再同盟。
7国vs7国という紺碧における最終構図が出来上がる。

足利家、斉藤家、徳川家、織田家  ⇔  上杉家、武田家、今川家、浅井家
  雑賀衆、三好家、本願寺家        伊賀忍、朝倉家、北条家

ここからの上杉家の追い上げは凄まじいものがあり、
天下ランク2位の斉藤領は上杉家により次々と切り取られていく。
一時は2万近くあった2位斉藤家3位上杉家の天下PTの差も
最終的には、上杉家が逆転する。

2012年2月
天下ランク1位足利家、2位上杉家で紺碧の2年に及ぶレースも幕を閉じ、
その後の天下決戦で両国が雌雄を決することになる。


| 国勢総論 | 06:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

争うことなく

メンテ明けるとまず真っ先に確認する




合戦情報!




今週は年末年始ということもあり


全国停戦協定なるものが一時的に発令されたそうな…





マ、マジで!?w





織田の運営にいながら何も把握できていないのか?



という…



火曜の会議もイン出来なかったんで


そんな事実は初耳っすw


7ヶ国会議もろくに顔を出せていないので


ぶっちゃけほとんど分かりません!






何はともあれ


平和な年末年始を過ごせそうで良かったです







| 国勢総論 | 12:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大国復活

今日は徳川vs上杉の合戦最終日。


織田は徳川の援軍としての1週間。


攻め側の徳川は総戦果で上杉を上回れば刈屋奪還となりますが、


なんとか勝ち切れそうなのかな?


大変際どい展開になってるけども、


この1週間通して一つ感じたこと。







上杉つよい!!!!





過去に織田単体で援軍つきの上杉を撃破したことがあるが、



いやいやw



いま考えると信じられません。



合戦古参が大量に復帰したという噂は本当らしく、


弱点であった決戦もそのノウハウもしっかり修得してきているし、


強い。



陣取は元々強かったけど、


古参復帰による武将徒党の増加で、


徒党6とか7個平気で出来上がってしまう層の厚さでさらにパワーアップした感じ。


多数の徒党による攻めにより、こちら側の防衛ラインが下がり、


大砲も制圧されることも多々。


決戦のノウハウは回数を積めば掴めるものだから、


そうなってくると手のつけようのない国家に・・・。




それに対し現在の最強国家であろう足利は、


ホスト合戦をもうほとんどしていないので、


戦力離れや鈍りが生まれている恐れもあり、


そうなると上杉が最強国家になる日も近いかもしれない。



ただ自分なりに感じた上杉の弱点もあり、


攻め側はそこをしっかり把握した上で相対せば勝てない相手ではない。


織田は幸いにも参戦数の多い国であるから、


今後上杉を敵国と定めるのであれば、、、


攻めあるのみってことかなw


足利などに比べると防衛スキルは若干弱いように感じる。



防衛したところであの徒党の数。


到底凌ぎきれるものではないのなら、


ある程度防衛を疎かにしてでも後陣本陣攻めまくって、


相手の防衛ラインを下げさせることが大事かもしれませんね!




| 国勢総論 | 19:22 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。